酒田市ニュース

酒田市の話題や最新情報

宇宙エレベーターとは 宇宙高速で規則的軌道で移動する小惑。時間をかけて接近することはさほど難しい技術ではない。今回の、 やぶさ2、 イトカワ 着陸調査ついて、、、素人知識、 宇宙高速で規則的軌道で移動する小惑星、 ピンポントで 着陸できれば、地球の 周り 回る 米国、ロシア、中国、 インド、ヨーロッパの 人工衛星 、気付かれるこなく 近付き、接、着陸、 位置情報、人工衛星構造、 た取得情報 調査できる可能性 ある 技術日本 持ったこ なりないだろうか
SF的発想で 申訳ありません、 わかるかた いら、、、
こういうこどうゆうころ 詳いでょうか 「はやぶさ2」行きは3年半もかかるのに。はやぶさ」はに打ち上げられた後。地球の軌道とほぼ同じような
軌道を通って太陽の周りを周し。年後のに地球につまり。
実質的に「はやぶさ」が地球から離れてから小惑星に到着するのにかかる時間は
年半となります。立ち寄ってカプセルを届けて。その後は再び深宇宙に
向かう予定ですので。地球のスピードと等しくなるよう減速する必要は
ありません。

宇宙エレベーターとは。スペースデブリ」とは。地球を周回する軌道上にある役に立たない人工物体で。
「宇宙ゴミ」ともいいます。鉄道は水平方向への移動手段なのに対し。宇宙
エレベーターは垂直方向への移動手段というところは異なりますが。ケーブルが
線路に。その頃には。宇宙エレベーターのケーブルが複数張られ。旅客専用
高速線や高速貨物専用線ができているかもしれません。ロケットで使う推進剤
は。地上や小惑星などから運ぶことで。潤沢じゅんたくに用意することが
できます。宇宙高速で規則的軌道で移動する小惑星の画像をすべて見る。小惑星近傍における探査機の軌道運動。本稿では。小惑星の特異な力学的環境と。それに起因する小惑星探査の難しさ
について。「はやぶさ」を題材にした二重小惑星周りでの探査機軌道や。
微小重力下でのローバーや着陸機の運動。重力場を精緻かつ高速にシミュレート
する

巨大小惑星の地球衝突を防止せよ。年に地球衝突の恐れがある小惑星ベンヌ。衝突回避ミッションを担う宇宙機
。の運搬に使われるデルタベンヌは直径約。重さ
約億というサイズの小惑星であり。太陽を回る軌道を時速約万の
スピードで移動している。ベンヌの場合は規則的な軌道を描いて地球に接近
するため。レーダー観測によって年以上前といった早い段階で衝突の初の恒星間天体オウムアムア。星に願いをかけるときあるいは小惑星や彗星に願いをかけるとき。実際には
その物体に存在するプラズマや氷。それは非常に遠方にあり。高速で移動して
いるため。人類が生きてそこに直接たどり着ける見込みはまずないだろう。
見た目が葉巻のようなかたちをしており。彗星でも小惑星でもないこの天体が。
エイリアンの宇宙船である可能性はあるのだろうか?この天体が。太陽の周り
をスリングショットで飛ばされたような軌道を描いているからだ。

時間をかけて接近することはさほど難しい技術ではない。国際宇宙ステーションへ補給物資を運ぶために無人補給機や交代要員のクルーを載せた有人宇宙船がたどり着くでしょ。人が操縦するとか姿勢変更にある程度燃料が使えるなら。〉宇宙を高速で規則的軌道で移動する小惑星相対速度と言って、高速と言ってもお互いの速度差が重要。例えば、高速道路の反対車線を走る運転手に拳銃の弾を命中させるのは難しいが、同じ方向隣車線の同じ速度で走る速度差がない状況で運転手に命中させるのはそんなに難しい?一つ違うのは、地球では人間が遠隔操縦出来るけど、はやぶさは遠すぎるのでコンピュータでの自動運転。飛行機で離着陸も無人で行うものはあるかな?で、肝心の質問だが、軍事衛星を除いて全ての衛星は地上から監視かれるので、〉気付かれることなく無理〉着陸出来るのは捕まえる。〉人工衛星構造分解でもしないと無理。ま、近づいただけでどこの衛星かはばれるし戦争中の軍事衛星ならともかく、世界中から非難されるよ。で、取った情報にどれだけの意味があるの?意味がないから日本が開発する事もしない。地球やたぶん衛星から電波で地球の近接空間を常に探知しているからまず無理です。余程小型化してステルス化でもしないとこっそりと近づくなんて出来ないと思います。そして、他衛星を調べるには調査するための装置と動力が必要ですしそこにたどり着くにはエンジンを噴射してコントロールする必要があります。燃料も必要です。小さいステルス衛星ではとても難しいです。

アーティスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です