酒田市ニュース

酒田市の話題や最新情報

忠臣蔵の真実 忠臣蔵の赤穂浪士のよう吉良の首みたい感覚で。ピースさんもご存知の通り中世の場合は、家来の家来を陪臣といいます。本能寺の変告げられた明智家の家臣、光秀諌めなかったのでょうか

羽柴や柴田、徳川弔い合戦のため戻ってきたらどうするのか 忠言せず、「光秀様の天下取り」賭けたのでょうか

どう考えて、秀吉毛利攻めた方後々楽よね

小説やゲームの世界でなく、仕事 突然、無計画行動て、出たこ勝負みたいなこ反対するするのふつうだ思

まな家来いなかったのでょうか
、忠臣蔵の赤穂浪士のよう「吉良の首」みたい感覚で信長の首るこ武士の本懐ありそういったこ価値見出すの武士道なのでょうか 『赤穂浪士』。元禄年江戸城松の廊下で。赤穂藩主。浅野内匠頭あさのたくみのかみが
吉良上野介きらこうずけのすけに刃傷におよんだ。内匠頭は翌日切腹となり
。赤穂藩はお家断絶。一方。吉良はお咎めなし。喧嘩両成敗が武家の掟であるの

暗黒政治を終焉させた「忠臣蔵?赤穂浪士」。武士の鑑として文字どおり“忠臣”と語られたのをはじめとして。のちには暗殺集団
。テロリストのように語られたこの両集団はともに武士道を掲げていましたが
。異なるのは新選組が時代の徒花的であったのに対して。赤穂浪士ご公儀
江戸幕府に疎まれましたが。赤穂浪士は事件以来一貫して大衆に支持?歓迎
されていました。ともあれ内匠頭は勅使饗応指南役の吉良上野介から不興を
買い?なぜこのような“ひいき”というものがあったのでしょうか。赤穂浪士討ち入りの理由は「忠義」じゃない。年以上前の今日。赤穂浪士名が主君の仇を打つために。宿敵?吉良上野介
邸に討ち入った。「忠臣蔵」として長く日本人に愛されるこの物語。実はそう
単純なものではなさそうだ。当時は武士の間で「殉死」ブーム 加来 耕三
プロフィール 一般的には美談ではあるが… 赤穂浪士の討ち入りは。“武士道の華”
ともてはやされ。日本人の美学を代表するように。世紀の今日まで語り継がれ
て来た。

忠臣蔵の真実。。日本@名無史さん。水浅野内匠頭はさも名君だった
ように脚色されてるけど。 。日本@名無史さん。月
恐らく。討ち入る側の赤穂浪士は吉良の邸内にスパイを送り込み浅野が
取り調べに対してひたすら『遺恨あり』と述べ。その遺恨の内容を語らなかった
。現代でも”責任能力がない”と免罪されるように 。首と胴が別れて
しまう 。月やにわに体当たりみたいにして相手を仕
止めるのが。武士『葉隠』の山本常朝は。いずれも武士道を象徴するものとして語られるが。 『葉隠』を口述した山本常朝
は赤穂浪士を批判した。討入りにより本懐を遂げ。《義士》と称賛された赤穂
浪士であったが。『葉隠』では。その討入りを次のように「常朝は。①吉良を
討ち取った直後に泉岳寺で切腹しなかったこと。②刃傷事件により内匠頭が切腹
してから。法に遵〈したが〉い喧嘩に耐えれば。武士としての恥辱が待って
いる。と。いささか邪推に過ぎるであろうか。詳しく見たい!

新しい歴史教科書?その嘘の構造と歴史的位置?近世の日本:38。次の近代編1で詳しく見るように。「つくる会」教科書は。近代日本を作り上げ
た精神は武士道であったとして。近世武士の武士道を示す事件として教科書が
最初に示したのが。赤穂事件と忠臣蔵の問題である。元禄年月
4日。赤穂藩の浪士が江戸の吉良邸に討ち入りし。江戸の庶民の喝采をあびた。
しかし仇討ちとは一体なんであろうか?しかし処罰されたのは浅野だけで
あり。その理由は「吉良上野介に意趣あるとのことで。折柄と申すに殿中をも憚
らず吉良上野介の首江戸検お題「本当の忠臣蔵」76。今日は。泉岳寺における赤穂浪士たちの様子と吉良上野介の首について書きます
。 「白明話録」によると。朝食のあと。赤穂浪士たちに。和歌や詩や俳句を

耳嚢。卷之六」の下限は文化元年7月まで但し。「卷之三」のように前2巻
の補完的性格が強い 「卷之七」の下限は文化3年夏まで但し。享
保頃まで遡った記事も有り。「卷之六」と同じ補完的性格を持つがないとは
言えないが。そのような記載を見出すことは出来なかったそれどころかアラメ
を混ぜた蕎麦まで存在する。そして元禄年1月日。
大石内蔵助?堀部安兵衛ら赤穂浪士士は本所松阪の吉良上野介の屋敷へ討ち
入った。名言日本史忠臣蔵。いよいよ月に突入。 月といえば忠臣蔵です。わたし的には。 四十七士を
扱った大河ドラマは過去回。 赤穂浪士 長谷川一夫大石内蔵助 元禄太平
記 石坂浩二柳沢吉保 峠の群像 緒形 拳大石内蔵

ピースさんもご存知の通り中世の場合は、家来の家来を陪臣といいます。陪臣は通常、直属の主君に対して忠誠心があります。もちろん裏切りや内通もありますが織田信長の家来の明智光秀の家来は信長ではなく明智光秀に忠誠心があります。さらにいえば、信長の顔すら見たことがない可能性も高いです。本能寺の変は「徳川家康を攻め滅ぼす」と光秀の家来は思っていたみたいです。ここからが本題ですが、明智光秀は非常に能力の高い戦国武将だと思ってます。機内に信長を守る家臣柴田勝家、前田利家、羽柴秀吉、滝川一益などがいない千載一遇のチャンスである間隙をつきました。他に信長を殺す千載一遇のチャンスがあったのは松永久秀です。浅井?朝倉の挟撃で朽木氏がいる地域に逃げた時に信長の供回りは数人でその中に松永久秀がいました。朽木郷を支配していた国人の朽木氏は兵を率いて信長を討とうとしましたが久秀が懸命に説得して信長は殺されることから逃れました。このことについて「真田太平記」の池波正太郎氏は「松永久秀は本当に不思議な人だ」と述べてます。光秀は天下を取りたかったのではなく信長を殺すのが最大の目的だったと思います。重臣が集まって戦勝祝いの宴の場で「この度は苦労が報われましたな」と他の重臣に言ったところ信長に「お前ごときが何をしたのだ」と蹴られまくられたそうです。信長は信玄や家康や北条氏康と違い家来がどう思ってるのかを推測する能力がなく自分には甘く他人には厳しい人だった。もし、光秀が千載一遇のチャンスを逃したら光秀は一生、信長を殺害できなかったと思います。一番強かった信長を殺害できた明智光秀はある意味、戦国武将の中で知力?行動力?不惜身命と三拍子そろった非常に優秀な戦国武将だと思います。もちろん、京都近辺を制圧したからといって簡単に細川などが味方になるとは思ってなかったと思います。唯一の誤算というか怠慢が「秀吉が引き返すのに7日はかかるだろう」と油断していたことです。また、細川などが味方になるのを拒否するなら自らの武力を高めることに専念するべきでした。光秀は堺を武力で制圧して商人からただで全ての鉄砲と火薬を入手して突進してくる秀吉を林の中から鉄砲で迎撃するべきだったと思います。そうすれば秀吉が落ち武者になった可能性は高いです。ヒトパン家臣特に斎藤利三には話していたと思いますね。『石谷家文書』の中にある天正10年1582年5月21日付けの長宗我部元親が斎藤利三に宛てた書状が、何故残っているのかを考えれば答えは出てきます。使者の石谷頼辰斎藤利三の実兄が届けなかったのか、6月1日までに届けられなかったのか、斎藤利三は書状を読んでその書状を無視したのか、それとも明智光秀自身が無視したのか?その書状には、「長宗我部元親が織田信長に従う」という事が書かれているのだから???。そして、私の結論は「斎藤利三は書状を読んでその書状を無視した」です。光秀と家康が結託してた場合は。光秀も馬鹿ではありません。家康が後詰として共謀していれば十分勝算あると思うでしょう。息子信康を殺され安土にその首を送られ首実検された家康と武田攻め後諸侯の前で信長に蹴りまわされる恥ずかしめを受けた光秀。畿内を明智殿、東はそれがしということでブラックの信長の支配から逃れることを考えた2人がいても全然不思議じゃないです。ごく限られた重臣にだけは家康の秘事を打ち明けていれば家臣も無謀なこととは思わずむしろ天下取りの夢に胸躍らせたでしょう。家康は本能寺後、同盟国の織田領攻めこんで自分の領地にしてるし筒井順慶の後を継いだ筒井定次は関ヶ原で東軍の最前線で戦ったにも関わらず加増なし豊臣内通の疑いで切腹改易。徳川明智からすれば恩義があるのに味方しなかった裏切者扱いですね何よりも三代将軍家光の乳母に光秀家臣、斉藤利三の娘お福が選ばれています。普通の感覚で裏切者として処刑された縁者の乳を飲ませて育てようと思うでしょうか。家康が豊臣家に過酷だったのも折角本能寺を仕組んで信長を殺したのに天下取りを邪魔されて息子の仇を討ってくれた盟友の光秀を殺された家康の義理とその光秀の一族の生き残りが密かに徳川政権に名を変え参画してたからこその怨念からくる復讐だったと自分は思っています。家臣も止めたはずですが同道するということは家臣も信長に相当の恨みを持っていたということです。結果は予測済みでしょう。斎藤利三などは9人も子どもがいて死んだのは最年長の息子が戦死しただけです。あとはすべて逃げ延びている。最後は勝ち目がないことはわかっていたはずです。本能寺の変の当時、信長の主だった家臣は秀吉が中国地方、勝家が北陸路、滝川一益が関東と遠方で敵と対峙しており、信孝は堺にて四国渡海予定の当日でした。近江京都は軍事力の空白状態にあり、光秀の行動は十分に成算のあるものだったのです。事実、変後の光秀は朝廷に働きかけ、近畿一円の治安維持と引き換えに何らかの名分を与えられた節が伺えます。京と安土に兵を置き、各地に使いを出して味方に引き込もうとしていますので、秀吉の「大返し」が無ければ、その後の展開は大きく変わったことでしょう。斎藤利三や長宗我部の動きや書状などからも光秀と腹心との間では謀議が重ねられたように思われます。決して一か八かの賭けに出た、突発的衝動的な軽挙妄動ではなかったということだと思いますよ。>秀吉と毛利を攻めた方が後々楽ですよね光秀は丹波の召し上げを告げられていました。つまり国替えということになりますが、「はいオマエにこの領地やる」と言われて丸く収まると言うことは無く、その土地に影響力をもつ地侍や国人などの有力者を引き付けるという地道で困難な作業が生じることになります。中核家臣団こそ新領地へ連れて行きますが、旧領地国人層は旧領地に残りますので一時的な戦力低下は否めませんし、新領地では新旧の対立が生じがちとなってやはり戦力は低下します。このため、国替えは嫌がられましたし、実際に領国経営失敗の咎によって罰せられる可能性は無視できません。後の佐々成政が秀吉に切腹させられたのが好例です。光秀の年齢からしても子の代に厄介ごとを残すだけになる公算も高く、楽だなどとは決して思えなかったことでしょう。信頼性の高さで高評価されている史料?多聞院日記では、筒井氏は、明智光秀につくかどうかで迷ったが、つく事に決めて小部隊を派遣した。しかし、羽柴秀吉の軍が帰って来たことを知り、派遣した小部隊を引き返させて、大和郡山城に籠城した。と書いてあります。つまり、筒井家家臣団では意見が分かれ、光秀が勝ち残るという主張も有力だったが、想定外の秀吉軍の早期帰還によって、一挙に流れが定まった。ということ。滝川軍は北条家の圧力で解体。川尻軍は反乱。四国遠征軍も内乱。柴田軍も有力与力の前田軍と佐々軍は帰って来ず。秀吉軍さえも「山崎に間に合ったのは1万人」と秀吉は天正記に正直に書かせています。秀吉軍さえも解体しつつあったということです。しかし、秀吉は「信長様は生きている。秀吉が大軍とともに帰って来た。」とデマのウワサで摂津や大坂の将兵を現地徴募して大軍を急編成しました。「光秀が勝つ」という予想も一応はあったんです。秀吉が帰ってくるまでは。本当の腹心とは話し合っていたのではないかと思います。もしくは、家臣も以前からこのまま信長に従っていいものか、疑義が出ていたのではないでしょうか。ある日突然謀反を起こすと言われて、唯々諾々と従う家臣ばかりでは戦国の世を渡っていけるとは思えません。事前に話し合ったり、すくなくとも暗黙の了承と言ったものがあったものと想像します。調べてみたところ、面白い記事を見つけました。徳間書店の「アサ芸プラス」というサイトで、光秀の子孫が独自に調べた内容が載っています。一部抜粋↓ 「信長は、徳川家康を本能寺に呼び寄せ、光秀に討ち取らせるつもりだった。ところが、この計画を聞いた光秀は、ゆくゆくは明智一族も滅ぼされると思い、家康と織田家打倒を決意。家康との談合の末に、信長と息子の信忠の間隙を縫って決起したのが本能寺の変だったんです。現代でこそ、信長が家康を討つなどありえないと驚く話であり、研究者の中にも『あの時点では討つわけがない』と決めつける方もいますが、信長が重用した光秀の兵たちにとって『家康討ち』は常識であったとうかがえる資料が複数あります」どこまで信用できる内容であるかはわかりませんが、やはり、事前に了承済みだったということがうかがわれます。

  • 地学基礎独学でも高得点 地学基礎を独学で勉強しようと思う
  • [税のしくみ] 聞き慣れない税金であり税金について詳しく
  • Weblio ↑この文章を英文に訳して下さい
  • あなたの音感は何型か Iをドレミの三和音でそれぞれ教えて
  • 前立腺肥大症 小便する時に隣に人が居ると排尿に時間が掛か
  • 動画

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です