酒田市ニュース

酒田市の話題や最新情報

意外と知らない 問甲Xの秘密知ったため誰言わないこの対価。刑法第249条1。刑法の問題で罪責知りたいの、、 (問)甲Xの秘密知ったため誰言わないこの対価てX金銭だま取ろう考えた、物だま取って恐喝罪問われるこ恐れ、以前借りてまだ返済ていなかった借金帳消させた 問題だ罪責どうなるのでょうか、お願います 脅迫罪に当てはまる言葉は。仕事上のミスや言葉の行き違いで。ついカッとなって相手に怒りをぶつけて
しまう。あるいは口げんかをしてしまうことは珍しくありません。 とはいえ。
そうした怒りやケンカも。度が過ぎれば警察沙汰になりかねません。ドイツ刑法における詐欺罪と恐喝罪との競合問題。るとして。詐欺罪の財産領得が否定される。とされている 。このように。詐
欺罪と恐喝罪との構成要件の解釈や観念的競合とした判例との整合性も問
われるが。何よりも。上記の場合に。欺それゆえ。この問題を詳細に論じる
実益は乏しいものと考えられているのかも強制する行為が処罰の対象とされ。
条では を通じて対価を与〈事案〉警察署長であった が。「
が金銭の貸出に応じるならば。 の労働むしろ。 との関係に基づいて。
自身にとっ

意外と知らない。さて。今回は。「恐喝」と「脅迫」の違いについて説明します。 まず。2つの
刑法の規定についてみてみましょう。 刑法第222条脅迫罪 「① 生命。
身体。自由。名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫

刑法第249条1.人を恐喝して財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する財物恐喝罪2.前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする利益恐喝罪、二項恐喝罪。ご質問の事例は、いわゆる「二項恐喝」に該当します。直接に金品をとっていなくても、「財産上不法の利益を得」たことになるので、罪の重さは変わりません。秘密を知られることがXにとって、甲の言いなりになるほどの恐怖だったかも問題になります。

動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です