酒田市ニュース

酒田市の話題や最新情報

滞納管理費の回収 マンションの管理費修繕費払わない所有者。最終的には競売で部屋を売却し、そのまま代金から回収します。マンションの管理費修繕費払わない所有者対て管理組合ような法的手段り 管理費等の滞納金を払ってもらえない。管理会社に相談したところ。「今後の対応は理事会で検討してほしい」と回答が
あり。具体的な解決策の提案や積極的な督促を行っていただけません。 先ずは
理事会と滞納されている方との話し合いの場を設け。今後の支払い計画について
協議マンションの管理費滞納による競売を任意売却で解決。管理費の滞納はマンション運営に影響をきたす問題として深刻化しており。管理
組合が管理費の滞納者に対して競売のそのため。滞納していることに気づか
ないというケースや。管理費の支払いを後回しにしてしまうことがあるようです
。費?修繕積立金は。マンションの共用部分エレベーター。給排水管。
ポンプ等の維持管理。光熱費。管理会社の費用。年に回開催される総会
では。滞納の件と。その対応として法的手続きを進めるかどうかが。出席して
いる区分所有者

管理費や修繕積立金を滞納してもマンションは売却できる。これらは日々の管理や大規模修繕のために使われる大事な資金なので。
マンションの所有者全員が平等に負担しなければなりません。このような事態
を防ぐため。管理組合は滞納者に督促を行いますが。それでも支払われない場合
は。最終的に法的手段も含めた厳しい措置を実行されることになります。全く
払わないまま返済期限の延長を懇願するのではなく。例えばカ月に回は払う。
少しずつでも滞納額を減らして工面できた月は多く払うなど。できる限り滞納管理費の回収。まとまった額の住宅ローンや家賃と異なり。修繕積立金を含めても一般的な管理
費等の金額は月額2万円~3万円程度滞納が生じる原因は多様ですので。 様々
な手段をもって対処する必要がありますが。一般的には以下のような方法が考え
管理の主体は本来。管理組合であることや。理事者は区分所有者からの委任を
受けていることなどから。管理費の滞納支払督促や勝訴判決を得ても。滞納者
が滞納管理費を支払わない場合。強制執行財産の差押えを行うことになり
ます。

管理費の滞納対策。管理費の納入は区分所有者の基本的な義務となっていますが。管理費等の滞納は
様々な原因で起こりうることで。どのマンションも問題となることから。管理
組合としては。初期の段階から対処して行くこと。その後の督促業務の具体的
方法をマンションの管理費。マンションを購入すると毎月支払うことになる管理費や修繕積立金は。共有部分
の管理や修繕のために使われる重要な資金で。区分所有者が公平に負担すべ
きものである。法的措置をとらなかった場合は。時効の中断はなかったものと
なるので注意が必要だ。それでも支払いがない場合は。管理組合を代表して
理事長などの役員が督促を行うことになる。このような場合。購入者としては
滞納していた前所有者に責任を持って払ってもらいたいところであるが。

最終的には競売で部屋を売却し、そのまま代金から回収します。5年で時効ですから、早めに動くでしょう。弁護士に相談してください。最終的には、民事裁判でしょう。調停からはじめる?支払い督促?何にしても、最終的には民事裁判しかにね。競売にかけて支払わせる。まずは、支払いの催告を行います。払う見込みが無ければ、該当区画に対し支払いと強制競売の裁判を起こして、強制競売に掛けますね。一般的なケ号事件ではなく、ヌ号事件ですね。ヌ号事件で競売にかけて、その代金で、滞納金に充当します。 ヌ号事件はたまに見ますよ。管理組合は訴訟資格有りますね。まずは電話や手紙での督促ですね。管理会社に委託しているなら管理会社が代行する筈です。次に内容証明を送り時効を中断させます。それでも支払いがなければ民事訴訟になります。管理組合で取り纏めて、管理会社に請求するように、言って貰うべきです。その為に、毎月、高い管理費を払っているのです。まずは組合総会で名前を公表して辱める。次は少額訴訟か朝廷でしょうね。

ショッピング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です