酒田市ニュース

酒田市の話題や最新情報

超基礎古典文法 上二段活用下二段活用わかるの12の区別つ。上一段は「ひ?い?き?に?み?ゐる」で覚えましょう。古典で上一段活用なるやつ下一段活用なるやつm(__)m 上二段活用下二段活用わかるの12の区別つきません汗活用の種類の暗記について。種類がたくさんあるのでなかなか覚えられません。動詞の活用の種類は。「四
段活用」「上一段活用」「上二段活用」「下一段活用」「下二段活用」「カ行
変格活用」「サ行変格活用」「ナ行変格活用」「ラ行変格活用」の9種類です。動詞4下二段活用。語例「 受 う く」「 捨 す つ」「 教 をし ふ」「 覚 おぼ ゆ」 □ 下二段活用の
見分け方 下二段活用の動詞は。「ず」を付けると直前がエ段音-eになる。
例「受く」+「ず」→「受けず」超基礎古典文法。$12 複合サ変動詞の見分け方$17 上二段活用を上一段活用と間違えない
ことなぜなら。古語で四段活用の次に出現頻度が高いのが下二段活用で。また
。四段活用は。実は。勉強しなくても分かるのです尽きす」も「尽く」の
連用形「尽き」に「す」が複合したもので。「欲す」と同じ構成の複合サ変です
。上に書いたように。一段活用では。変化していない部分が活用語尾だったり
。「語幹と語尾の区別がない」などと説明して四段活用とサ変以外には付き
ません。

上一段は「ひ?い?き?に?み?ゐる」で覚えましょう。例としては「着る」、「似る」などです。下一段は「蹴る」のみです。ちなみに活用形は上一段の場合、「i?i?iる?iる?iれ?iよ前から、未然?連用?終止?連体?已然?命令」となっていて、上二段活用と違うところは、終止形、連体形、已然形も上一段つまりiの音で活用してるところです。下二段と下一段も同じ原理になっています。まず、下一段で活用するのは「蹴るカ行下一段」一語だけです。上一段に含まれるものは複数ありますが、まず次のものを覚えておきましょう。カ行=着るマ行=見るナ行=似る?煮るヤ行=射る?鋳るワ行=居ゐる。率ゐるハ行=干るこれらに加えて上一段の複合動詞があります。ワ行=用ゐる?率ゐる…マ行=試みる?顧かへりみる…これくらいを押さえておけば大丈夫でしょう。

  • 摂食障害とは 過食症などが原因で2?30代のかたで入れ歯
  • TWICE &TWICEのリパケはチェキは貰えましたか
  • 新宿四重奏Vol ヴァイオリンを始めて三ヶ月の人が頑張れ
  • いい回答とは 回答者はちゃんとした回答をしてください
  • 意外に多い 突発性難聴になった時は運動はしない方がいいで
  • 動画

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です