酒田市ニュース

酒田市の話題や最新情報

1票の格差 一票の格差訴訟の弁護士自分たちで訴訟起こてい。大金持ちの升永英俊らの一人一票実現国民会議とかいう当たり前の事を旗印に集まった変な集団。一票の格差訴訟の弁護士自分たちで訴訟起こているのか
依頼あって代理人て訴訟起こているのでょうか 「1票の格差。いわゆる「1票の格差」の裁判。今回の参議院選挙でも。7月22日全国一斉に
。各地の高等裁判所?高裁支部で提訴が行われました。今回はどのような点が争
われるのでしょうか。 — 。参議院と裁判所が一票の格差是正ウェッブサイト。こうして裁判所が扱わないため。アメリカの議会の議席配分は非常に不平等な
状態で放置された。例えば。年のアラバマ州議会では。「一票の価値」の
最小最大比が。上院で倍。下院で「1票の格差」が生む不公平スパイラル。若者は「自分たちの1票で世の中を変えることはできない」というあきらめを
抱き始めている。司法に追従するのが政治の役割ではあるまい。新しい地平を
切り開くのが政治の可能性だと思う。

「一票の格差」で選挙無効を求める訴訟は。弁護士ドットコム第回参議院選挙の翌日にあたる月日。弁護士
グループが「一票の格差が是正されないまま選挙が実施されたのは憲法違反だ」
として。選挙の無効を求め。全国の高等裁判所とその支部に一斉に提訴1票の格差訴訟「厳格審査を」。「1票の格差」が最大3?00倍だった昨年7月の参院選は違憲だとして。
弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟の上告審弁論が21日。最高裁大法廷
裁判長?大谷直人長官で開かれ。原告側は「民主主義の根幹に「1票の格差」訴訟が結審。「1票の格差」が最大3.00倍だった昨年7月の参院選は違憲として。二つの
弁護士グループが選挙無効を求めた16件の訴訟の上告審弁論が21日。最高裁
大法廷裁判長?大谷直人長官で開かれ。結審した。判決期日

一票の格差縮小でも「違憲状態」。7月の参院選をめぐり全国の高裁に起こされた「一票の格差」訴訟で。最初の
判決となった高松高裁は16日。「違憲状態」と判断した。原告側の弁護士は
これを評価する一方。後に続く判決で「違憲」判断が出ることに…

大金持ちの升永英俊らの一人一票実現国民会議とかいう当たり前の事を旗印に集まった変な集団。地域性とか自治体とか全然関係なく、立法府の権限も無視して?必ず勝てる裁判?の快感に酔いしれる事を目的にしている。どっかから委託されたとかは不明だが売名行為の可能性が高い。おかげで人口の少ない鳥取県は参政権を奪われ?選挙なんて知らね ̄◇ ̄;?現象を起こしている。挙げ句の果てが、?違憲なら憲法変えりゃいいじゃん、ついでに自衛隊も明記しましょう?という、法治国家の根幹を脅かす、他人の褌て相撲をとる輩も現れる始末。風が吹けば桶屋ならぬ、一票一価と騒げば右翼や米国軍需産業が儲かるの図式。改憲派の工作かも知れない。

CharmGirls

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です