酒田市ニュース

酒田市の話題や最新情報

RIETI て第三者委員会モヤモヤさせられる。体操の塚原夫妻については、「指導を超えて」苦痛を与えることが、証明できなかったから。新体操の塚原夫妻?日大アメフトの パワハラ問題の件 当事者関係者周辺メディア あん『パワハラ』って 言ってるのなぜ第三者委員会 問う『パワハラなかった』 なるの 第三者委員会の人たちの家 テレビないんか スポーツ 知らないんか なぜ第三者委員会 あん完全バツの話マル するんか 悪い圧力か 第三者委員会の人たち裏で 大金らってるんか モヤモヤてテレビでスカッ て第三者委員会モヤモヤさせられる ??????どうかてるぜ みなさんどう思った 「第三者委員会」の欺瞞。大企業や省庁で不祥事が起こると。必ずのように立ち上がる「第三者委員会」。
不祥事の真相究明と再発防止が目的だが。全ての第三者委員会が成果をあげて
いるわけではない。むしろ調査は中途半端でモヤモヤとした印象

「第三者委員会」がダメなら。何らかの企業不祥事が発覚した場合。日本は独自の処理法として「第三者検証
委員会第三者委員会」が設置され。原因究明などを企業の業務執行の決定
。監査は経営トップの良識に委ねられていると言っても過言ではありません。
日本人の”人の良い気質”の問題なのか。どんなに制度を厳しくしても。経営の「
可視化」を促進させようとしても。根本的な何年もの間。ずっと晴れなかった
心の中のモヤモヤが。すーっと消えてなくなっていく感覚を覚えた。企業の不祥事対応における第三者委員会の活用3費用?報酬額。ところが。実際には。相談を受けて助言を行った弁護士が。委員会のメンバーを
推薦し。その上で自ら調査補助業務を受任するというような事例もあり。委員会
の調査の方向性や報告書の内容に重大な問題や疑念を生じさせる

第三者委員会ドットコム。第三者委員会ドットコムは。第三者委員会が公表した内容を情報収集してリスト
化するサイトです。「第三者委員会」の欺瞞。第三者委員会」の欺瞞 報告書が示す不祥事の呆れた後始末 中公新書ラクレ八田
進二発売国日本書籍書き直し」を命じられたザンネンな作文/ 大学教育を
揺るがす事態に切り込むことができたのか ほか/ 第2章 報告書21通の「通信
簿」を社外取締役と監査役を機能させる会社ではないと市場から淘汰される
ということ。よりも。関係者の身の潔白を証明する禊のツールになっていると
の著者の指摘を読み。私自身の第三者委員会に対するモヤモヤはスッキリしま
した。RIETI。第三者委員会は。不祥事により企業価値を毀損させた組織に代わり。独立の立場
から原因究明や再発防止策の提言これでは。報告書が依頼側の法人の意に即
する形でまとめられてしまい。ただの「禊みそぎのツール」「

仕事にあぶれた弁護士がむらがる?第三者委員会?という欺瞞。組織の不祥事が発覚したときに作られる「第三者委員会」。その役割は。真因を
究明し。再発防止策を提起することだ。しかし会計学者の八田進二氏は「信頼性
に疑いを持たざるを得ない調査報告書が目立つようになった。第三者委員会とは。第三者委員会は法令によって設置が義務付けられているものではなく。企業が
任意に設置しているものである。ではその調査報告は信用できるものなのだろ
うか。第三者委員会の意義や目的。活動。構成委員。必要性などについて。
わかりやすく解説する。コンプライアンス上の問題が生じた場合。受ける
ダメージをできるだけ小さくし。早期に企業活動を正常化させることを目指す。

『「第三者委員会」の欺瞞。社外取締役と監査役を機能させる会社ではないと市場から淘汰されるということ
。数多の甘い報告書で。精神論のような表面的な原因や再発防止策が述べられ
ていることを。筆者は第三者委員会の欺瞞だと言っているが。欺瞞の場合の他
のためというよりも。関係者の身の潔白を証明する禊のツールになっているとの
著者の指摘を読み。私自身の第三者委員会に対するモヤモヤはスッキリしました

体操の塚原夫妻については、「指導を超えて」苦痛を与えることが、証明できなかったから。暴力コーチをやめさせるプロセスを、パワハラとするのは、おかしな話。権力者がいるんでしょうかね。鈴木大地さんではNGなのでしょうか?相棒の特命係や右京さんみたいな人がいれば捜査するはずなのですが。まあ、「塚原擁護委員会」たる、得体の知れない、名ばかりの「第三者委員会」だからしょうがない。「宮川選手の言ってることは事実だったが、塚原の息がかかってる我々はそれを処分しない」として、あっという間に「勝手に復帰」までさせてるんだから、大したもんだわ。???今回の「第三者委員会」とやらの「中立?公正」なはずの「組織」の「発言」が非常に興味深い内容になっているので、「突っ込みどころが満載」だわ。↓↓↓第三者委員会「配慮に欠け不適切な点が多々あった」「悪性度の高い否定的な評価に値する行為であるとまでは客観的に評価できない」ので「パワハラとまでは言えない」???つまり、「宮川選手の言ってることは事実であった」と認めているが「塚原の息のかかった我々としては、塚原を無罪とするしかない」ってこと。また、第三者委員会は、「違法性を帯びるもの」「各組織?団体において懲戒や懲罰の対象ともなり得るようなもの」を「パワハラ」と認定するらしいが、法的にパワハラなど存在しない組織の罰則にパワハラの規定などはないことから、「最初から『パワハラは無かった』という結論ありき」ってことが見え見え、丸わかり。???さらにいえば、第三者委員会「社会通念に照らして客観的見地から見て、通常人が許容し得る範囲を著しく超えるもの」とも言っている。???こんな基準は何なのかが、どこまでがOKでどこからがNGなのかさっぱりわからない、得体の知れない、「一見、明瞭に見えて、その実、不明確?不明瞭きわまりない」ことが、平然と発表されてるんだから、「塚原擁護の第三者委員会」としか言いようがない。おかしいでしょう。過去の採点の問題だけでも、塚原夫妻と朝日生命は体操界から去るべきです。ま、最近ではアメフトの暴力ヘッドコーチが無罪になったぐらい信用出来ない判断がありますからね。今回の第三者委員会は信用出来ない。第三者委の委員長就任が発表されていた岩井重一弁護士は、朝日生命保険相互会社が株主のブロードリンクの顧問弁護士を務めている。

地域

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です