酒田市ニュース

酒田市の話題や最新情報

Sloan 赤方偏移よって宇宙膨張続けているこわかる具体。赤方偏移とは、光のスペクトルパターンが長波長側にズレること。赤方偏移よって宇宙膨張続けているこわかる具体的どういうこなのでょうか 宇宙膨張とビッグバン。その後膨張を続け。 現在の姿へと進化した。つまり。宇宙も人間と同じく年齢が
あり。年と共に変貌を遂げていく存在なのである。その根拠の一つが天文学者
ハッブルや宇宙物理学者ルメートルによって発見された宇宙膨張すなわち銀河
同士の距離が時間と共にではなぜ。ハッブルの法則が宇宙の一様等方性と関係
するのだろうか?ハッブルの法則が成立することがわかる。つまり。天体の
赤方偏移を測ることによって。現在観測している光が天体から放出された時間 $
_$Sloan。を遂げた. 型超新星を用いた遠方の宇宙膨張の観測や, 衛星による宇宙
背景放射 の観測,銀河分布をトレーサーとする赤方偏移サーベイ等
によって,宇宙が加速膨張していること, さらには宇宙の組成のうち我々がよく
知っ

膨張する宇宙。年代に宇宙の膨張が発見されて。何千年とまでは言わなくとも何百年もの
あいだ天文学者を悩ませ続けてきた二つの問題がついに解明されました。この
ことによって。静的な宇宙。すなわち静止している宇宙を表す方程式の解が得
られました。それらの解においては。遠方にある天体から来る光は。膨張する
宇宙を伝わってくるうちに赤方偏移すること。また赤方偏移の急激な爆発的
膨張による一点からの宇宙の誕生は。後に「ビッグバン」と呼ばれるようになり
ました。赤方偏移。第二には宇宙論的な赤方偏移で,宇宙膨張のため,光が飛ぶ間に空間が伸び,
波長が伸びて観測される。第三に,強い重力場をもつ天体からここで「光」と
表現をしているが,実際には電磁波に共通の現象で,相対性理論で理解できる。
宇宙論的な赤方偏移は,遠方の天体の距離を表すことにしばしば用いられる。
宇宙論的赤方偏移がのとき,光の波長は+倍となる。たとえば赤方偏移が
であれ

赤方偏移とは、光のスペクトルパターンが長波長側にズレること。さて、宇宙の星からやって来る光をプリズムを使って分光すると、その光のスペクトルから、星を構成している元素の割合などが分かります。多くの星の主成分は水素なので、スペクトル分布でも水素を表す波長が鋭いピークを現します。ヘリウムやその他の元素を表すピークも現れます。ピークの高さ割合は星によって様々ですが、どこにピークが現れるかは決まりきっていて、水素、ヘリウム、エトセトラという具合にお決まりのパターンが、どの星にも現れます。ある日、エドウィン?ハッブルという天文学者が、望遠鏡で私たちの銀河系宇宙の外にある銀河の光をプリズムで分光し、そのスペクトルパターンを見て奇妙な事に気付きました。ピークの現れ方、その全体的なパターンじたいは、馴染みのあるパターンだったのですが、どのピークも極々わずかに長波長側にズレていたのです。基本これは有り得ない事です。なぜなら各元素からでる光の波長は厳密に決まっており、例えば地球上でどんな環境で実験しても常に一定。夜空に輝くどの星からやって来る光を分析しても常に一定だからです。ところが、私たちの銀河系宇宙以外の外宇宙を観察すると微妙にズレる。しかもたくさんの外宇宙を調べるうち、より遠いと思われる銀河ほど、より大きく長波長側にズレてる。エドウィン?ハッブルさんは考えました。そうだ!アインシュタイン博士の特殊相対論によると、遠ざかる光源からの光は波長が伸びる。光のドップラー効果や!ちゅーことは、あの外宇宙銀河は、どんどん我々の銀河から遠ざかっているんや!しかも、すべての外宇宙銀河が遠ざかっている。つまり、宇宙は膨張してるんや!という感じです。たぶん笑「ハッブルの法則」をご存知ない方が居れれるので説明します。「宇宙空間自体」が膨張することはありません。中に何もない「空間自体」が膨張する仕組みを説明することは未来永劫できません。何も無いのですから。説明できないことを信じることは、「神の存在を証明できないけれど信じる」ことと同じ信仰です。科学は合理的に説明されなければなりません。そうではなくて、ビッグバンにより物質が四方八方へ飛び散っているのです。その場合、ハッブルの法則が成立するには、地球はまだビッグバンが起こった位置の近くにあることが必要です。ビッグバンが起こった位置から離れるほど、天体は速く移動し、「特殊相対論効果」により時計はゆっくり進みます。ですから、ビッグバンが起こった位置から離れた天体ほど、進化はゆっくりと進みます。地球はまだビッグバンが起こった位置の近くにあったので、進化が早く進み、僅か138億年で知的生命体が誕生したのです。このように思考すると、我々が宇宙の中心付近にあることは、自然なことと思えます。宇宙が膨張していることは、理論の方が先行して作られました。1915年に、アインシュタインが一般相対性理論を発表し、1922年にフリードマンがこれを解いて、宇宙は膨張するか収縮するかのどちらかであることを示しました。当初は、それは本当だろうかと疑う声も高かったのですが、1929年にハッブルが赤方偏移を観測して、宇宙が膨張していることを確認しました。赤方偏移というのは、地球から遠ざかる銀河を観測すると、スペクトルが赤い方にズレるという現象です。ズレの大きさによって、遠ざかる速さが測定できます。ハッブルは、多数の銀河の距離と速さを測定し、遠い星ほど速く遠ざかっていることを発見しました。これをハッブルの法則といいます。これが、フリードマン宇宙の解と一致したので、一般相対性理論の正しさが証明されると共に、宇宙が膨張していることも確認されたのです。ところで、 ですから、地球はまだビッグバンの中心の近くにあるので、どの天体を見ても天体までの距離に比例した速さで遠ざかっていると考えるのが合理的です。と言っている人がいますが、そんな考えの人は他にいません。おそらく、一般相対性理論を知らないアマチュアの方が、従来の常識で考えて勘違いしてしまったのだと思われます。赤方偏移するということは波長が長く見えるということで、考えられるパターンは、1、空間が伸びて、実際に波長が長くなる、これはビックバン宇宙論です。2、もう一つの可能性は、観測者が小さくなり、波長が長く見える、これは一般的な見解ではないですけど、これも否定はされません。では宇宙論的赤方偏移以外の観測事実からみると、1は否定されるんです。ビッグバン仮説に修正を迫る観測事実としては2013年に発見されたヘルクレス座?かんむり座グレートウォール、U1.27の発見がある[12]。ビッグバン直後の均質な宇宙において初期揺らぎから最初に銀河が生まれ、発生した銀河が規模と数を増しつつ宇宙へ拡散し、銀河団、超銀河団、宇宙の大規模構造へと進化したとするボトムアップ説を採用するビッグバン仮説では比較的初期の宇宙現在から100億年前、宇宙誕生から38億年後にヘルクレス座?かんむり座グレートウォールのような全長100億光年にも達する超巨大な構造が形成されるに至ったメカニズムが理論の修正なくして説明不能である[13]。しかも、インフレーションで急速な膨張+ビッグバン+ダークエネルギーによる加速膨張の、どれもがアドホックな仮説で、実証されていません。つまりは、1は井の中の蛙からみた、寄せ集め理論ですね。「ハッブルの法則」は、空間自体が膨張している事実を示すのでしょうか、それとも天体が四方八方へ飛び散っている事実を示すのでしょうか1929年に、ハッブルによって、遠くにある天体程地球から速い速度で遠ざかっていることが判りました。天体の遠ざかる速度は、その距離に比例していました。これを「ハッブルの法則」と言います。「ハッブルの法則」は、次の通りです。v=Hr H = 71 ±4 km/sec/Mpc1Mpcメガ?パーセク = 326万光年です。つまり、326万光年離れた天体は、地球から毎秒71㎞の速度で遠ざかっています。不思議なのは、あらゆる方向の天体がそうだと言う点です。宇宙は、約138億年前に、ビッグバンにより誕生しました。それ以前、あらゆるものは一点に集中していましたが、未曾有の大爆発により宇宙は膨張を始め、現在も膨張を続けています。現在の地球が、まだビッグバンの中心辺りにまだあるのであれば、「ハッブルの法則」は成立します。あらゆる方向にある天体は、ビッグバン地点から放射状に広がります。この時、全ての天体は、距離に比例して地球から遠ざかって行きます。しかし、現在の地球が、ビッグバンの中心から遠く離れていたらどうでしょう。天体はビッグバン地点を中心に、放射状に広がります。地球とビッグバンを結んだ方向横方向にある天体について言えば、一応天体は地球から遠い星程速く遠ざかると言えます。しかし、地球から見て上下左右方向縦方向の天体はどうでしょうか。地球と天体は、ほぼ同じ方向へ向けてビッグバン地点から遠ざかっています。この場合、天体はほとんど地球から遠ざからないことになります。従って、「ハッブルの法則」が成立する為には、地球がまだビッグバン発生地点の極近くにあるか、宇宙全体が、2倍3倍となるような形で膨張しているかのどちらかしかありません。スイカを例に説明します。種が天体です。スイカが2倍3倍と生長すれば、種と種との間隔も、2倍3倍と開きます。これで、上手に「ハッブルの法則」を説明することが出来ます。天体が移動していると考えると、ビッグバン地点から放射状に膨張するすることになり、上手に説明することが出来ないのです。ですから、空間全体が2倍3倍となる形で膨張していると考えます。現在、地球がビッグバンの中心にはないとしたら、「空間自体」が全ての方向へ等しく膨張しているとしか考えられなかったのです。しかし、空間は、他のより基本的なものから構成することは出来ません。即ち、空間は構造を持たないので、それが変化する仕組みは説明することは出来ません。また、空間自体が膨張しても何も変わらないのです。DVDを大画面のテレビで見ても、小さな画面で見ても、ストーリーや結末は同じです。これは、画面の大きさに合わせて物質がその大きさを変えるからです。ですから、地球はまだビッグバンの中心の近くにあるので、どの天体を見ても天体までの距離に比例した速さで遠ざかっていると考えるのが合理的です。また、ビッグバンにより空間そのものが膨張していると仮定すると、天体は真っ直ぐ後ろには後退しません。時間が経過する程天体は地球から離れて行き、地球に光が届くのに時間が掛る様になります。つまり、時間が経過する程膨張の小さかった頃の過去の天体を見ることになります。つまり、天体の見える仰角が小さくなって行きます。では、思考実験をして見ましょう。ゴム風船上にいくつも点これが星のかわりですを書きます。 ゴム風船に空気を入れて、風船を膨らますと、点どうしの距離が広がりますね。 この時、ある星からみると周りの星が全て自分から遠ざかっていくように見えます。しかし、星は真っ直ぐに後退するとは見えません。 何故なら、星から光が届くのに時間が掛るからです。風船がまだ膨らんでおらず、地球のすぐ近くに星があった時、仰角45度の方向に星が見えたとします。 次に、風船の直径5㎝の時に星が発した光が直径10㎝になった時地球に届いたとします。すると、星は仰角26度36分の位置に見えます。この様に、時間の経過と共に星がどんどん離れて行き光が地球に届く時間が長くなるに従い、より過去の小さかった頃の位置の星を見ることになるので、どんどん低い位置に星が移動して見えることになります。 しかし、これは観測事実に反します。ですから、宇宙空間自体が膨張しているのではないことが分かります。 星が真っ直ぐ後退するには、物質がビッグバンにより四方八方へ飛び散ったおり、地球がまだその爆発の中心にある必要があります。これで、あらゆる星は距離に比例した速度で真っ直ぐに後退します。宇宙空間自体が膨張すると主張する人は、「どの様な仕組みで空間が膨張するのか」説明しなくてはなりません。しかし、それは未来永劫説明不可能です。何故なら、空間は実体がないので構造を持たないからです。構造のないものが変化する仕組みを説明することは出来ません。詳細は、下記のホームページを参照下さい。

  • やけど熱傷 1時間ほど前に熱湯状態のお茶を足の甲にこぼし
  • 旅行者向け GOTOトラベルキャンペンに東京が追加されま
  • 高校数学Ⅱθ π/2-θのときはまだ直角三角形を書いて逆
  • 10月からスタート B型肝炎の2回目を7月17日に打って
  • マツ枯れの原因 どんな原理で枯れるんでしょうか
  • CharmGirls

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です